赤ちゃんにおくるみは必要?使い方やおすすめ素材をご紹介【プポちゃんの出産準備講座No.3「おくるみ」】

JUGEMテーマ:出産準備

おくるみの使い方

こんにちは!日本製ベビー服PUPO(プーポ)です。

 

今日のプポちゃんの出産準備講座は「おくるみ」についてです。

出産準備品としてよく挙げられるおくるみですが、

いつどうやって使うのか疑問に感じる妊婦さんも多いのではないでしょうか?

そこで今日は「おくるみ」についてご紹介していきます♩

 

おくるみプポちゃん

「おくるみ」とは?

赤ちゃんを包む布のことをおくるみと言います。

生まれたての赤ちゃんは首や腰が座っておらず、抱くときに不安定になりやすいので、

おくるみで固定してあげることで抱っこしやすくなります。

 

また、赤ちゃんはぎゅっと何かに包まれることで、

お母さんのおなかの中にいた時の感覚を思い出し安心感を得ることが出来ます。

おくるみ

ぎゅっとくるんで

 

 

◆屬い鳥箸Δ痢」

一番初めに使うのは、退院時という方が多いです。

赤ちゃんが初めて外の空気に触れる退院時は、赤ちゃんも初めての外に不安を感じます。

 

そんな時におくるみで包んであげることで、

「大丈夫だよ」と安心感を与えてあげることが出来ます。

その後も「1か月検診」「里帰り」などお外に出る際おくるみで包んであげましょう。

 

 

他にも、おうちで「寝かしつけ時」「泣き止まない時」おくるみ活躍します!

 

新生児は「モロー反射」といって、自分の意思とは関係なく体がびくっと動き、

その動きにびっくりして眠れなかったり泣き止まなかったりすることがあります。

手や足を広げるような動きをするのでおくるみ手足を固定してあげることで、

体の動きを防ぎ安心して眠ることが出来ます

おくるみイラスト

 

〜注意点〜

赤ちゃんが泣き止まないときはモロー反射以外にもあらゆる原因があります。

毎回すぐにおくるみを使用するのではなく、ほかの要因も探ってあげてくださいね。

また、おくるみが必要でないときはできるだけ、手足を大きく動かして一緒に遊んであげましょう。

おくるみつかうとき

 

 

 

おくるみにおすすめの素材は?」

おくるみにもたくさんの素材のものがあります。

そのなかでもタオル素材おくるみらば、は汗をしっかり吸収しさらっと心地よく

は空気層を含み保温の役割を果たすので季節に関係なく一年中快適に使えます!

 

またタオル素材ならば、おくるみを使用する期間が終わっても

タオルとしてずっとご使用いただけます。

 

タオル素材

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにPUPOおくるみ

吸水性抜群の泉州タオルを使用しています。

通常より細い糸を使用し柔らかく織り上げたこのタオルは、

ふわっふわでなめらかで、赤ちゃんだけでなくお母さんも虜になるほどの肌触りです。

 

肌触りだけでなく、吸水性も抜群の為、

おくるみ卒業後もお子様のタオルとして大活躍してくれること間違いなしです!

タオルアフガン

 

 

ぁ屮丱好織ルで代用できる?」

また、よくおくるみタオルで代用できますか?」との質問を伺いますが、

正方形のバスタオルはおくるみとしてのご使用もおすすめです!

     

        正方形(しずく)  正方形(ドット)

 

このような柄入りのタオルらば外出時おくるみとしても可愛くて良いですね♪

表ガーゼバスタオル薄くてかさばらないので持ち歩きにも便利です◎

 

 

いかがでしたか?

これから出産準備を始める方は、参考にしていただければ幸いです。

次回もお楽しみに♪

 

 

 

------------------------------------------------------------

日本製ベビー服PUPO(プーポ)

公式オンラインショップ

楽天ショップ

Wowma!ショップ

公式Instagram @pupo_official

プポちゃんのまいにち @pupochan_official

直営ショップ:毎週金曜日・土曜日(土曜のみ月2回)11:00〜17:00

------------------------------------------------------------

コメント